相談ボランティア募集 バックアップ

相談ボランティアとは?

『福島いのちの電話』は1997年9月1日に開局以来、一日も休まず「悩める人たちのよき隣人」として電話を通して心通わせ、よき相談相手となっています。
この活動を支えているのは、沢山のボランティアの皆さんです。

「相談ボランティア」とは…

約2年間の研修を受け、認定された人が、電話相談員として活動しています。報酬はありません。あなたのあたたかい心が、孤独と不安の中で悩み苦しんでいる人たちの支えになります。

社会福祉法人 福島いのちの電話 第22期 電話相談員養成講座受講生 募集要項

応募資格

満20歳以上で、相談ボランティアとして奉仕する志を持つ方。学歴・経験・性別は問いません。

応募条件

『福島いのちの電話の公開講座録音CDを聴いて400~800字程度の感想文を提出することを応募条件とします。
詳しくはコチラ 第22期電話相談員養成研修受講をお申し込みの方へ

申込方法

(1)受講申込書に電話相談員への応募動機「私の人生を振り返って」(A4用紙2,000~4,000字)を添えて、下記私書箱宛に郵送してください。
*応募動機は履歴書のような経歴ではなく、自分の人間形成に影響のあった出来事や出会いなどを踏まえて、電話相談員としてのこれからの意欲を綴ってください。

(2)申込書は、以下の方法で入手できます。
・いのちの電話春季公開講座、ボランティアセミナー等で配布します。
・いのちの電話事務局に問い合わせて入手してください。
・電話の場合:024-536-0032
・メールの場合:kouza_fukushima_inochi@yahoo.co.jp
・申込書ダウンロードはコチラ 第22期養成研修申込用紙

  ・詳細募集要項ダウンロードはコチラ 22期生募集要項

(3)申込先
社会福祉法人福島いのちの電話
〒960-8691 福島市中央郵便局私書箱15号

(4)申込期間

面接

日時・会場はコチラ 面接・日時会場

研修期間

第1課程 令和2年9月~令和2年11月(体験学習・講義・宿泊研修)

第2課程 令和2年12月~令和3年3月(電話モデル学習・講義・宿泊研修)

第3課程 令和3年4月~令和4年3月(電話相談実習・グループ研修・講義・個別指導)

研修場所

福島会場(福島市内)
郡山会場(郡山市内)
*応募状況により、福島あるいは郡山会場のいずれか1か所開催となる場合があります。

受講料

第1課程20,000円、第2課程20,000円、第3課程10,000円
(第1課程、第2課程の宿泊研修費を含みます)*一旦納入された受講料はお返しできません

相談員の認定

第1課程から第3課程までの研修を修了し、相談員としての認定を受ける必要があります。

相談員に認定されたら

(1) 毎月2回以上の電話相談を担当します。(深夜にも担当していただくことがあります。)

お問合せ先

福島いのちの電話事務局
〒960-8691 福島中央郵便局私書箱15号
TEL:024-536-0032 FAX:024-536-2840
メールフォーム
いのちの電話はいつでも誰でもどこからでも利用できる電話相談です

ひとりぼっちで悩まずに


024-536-4343
年中無休 午前10時~午後10時
毎月第3土曜日は
午前10時から翌日午前10時までの24時間相談

自殺予防いのちの電話


0120-738-556
フリーダイヤル(通話料無料) 毎月10日 午前8時から翌朝8時
録音について
福島いのちの電話では、掛けてこられた方の相談内容をよりよく聴くために、相談員の研修の目的に限り、電話を録音しています。
①相談内容を、その他の目的に使用することは一切ありません。
②守秘義務により、相談された方のプライバシーを厳格に守ります。
③電話番号は、こちらに表示されませんので個人を特定することはできません。